虚像のryunahi

ryunahi’s blogの補完(すべて虚像でフィクション)

石田亮(村の警護者)手記1

畑に仕掛けて有るトラップを見回っている。

12歳より村の警護をする為、防衛武術を学んできた。

防衛武術は襲ってくる敵を制圧するのが目的だ。

襲ってくる敵が武装していた場合、村を守り自信を守る為に敵を殺害。

見せしめのために、首を狩り晒す事もある。

晒すことにより敵が恐れ、むやみに村に侵入する事が無くなり双方被害が少なくなる。

晒す事は野蛮だが、双方被害が少ないのが一番良いと教えられた。

村の防衛を任され、4年になる。

その間、村を襲撃しに来たのは8回だろうか。

8回の内、トラップで撃退し襲撃者が敗走したのが6回

8回の内、武装集団に襲撃され撃退したのが2回

 

こんな事が、いつまで続くのだろうか?

 

ryunahi.hatenablog.com

広告を非表示にする